ソーシャルメディア企業向け
動画アノテーション

blank

近年、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)は急速に成長しています。これは、特にエンターテインメント、Eコマース、ヘルスケア分野でのパンデミックによる消費者行動のシフトと相関しています。今日、より多くの企業が、顧客が自社の製品やサービスを体験するための安全な選択肢として、AR/VRソリューションを開発しています。バーチャルリアリティ技術はユニークで没入感のある体験を約束しますが、これらのソリューションは依然として人間がラベル付けしたビデオアノテーションによって駆動される必要があります。

課題

TaskUsは、長年にわたり、ソーシャルネットワーキングと消費者向け技術の世界的なリーダーでありパイオニアである企業の信頼できるパートナーとして活動しています。このパートナーシップを通して、彼らの30以上のグローバルプログラムをサポートし、今年だけで37の新しいワークフローを立ち上げることができました。

そのうちのひとつが、ビデオランドマークセグメンテーションワークフローで、これは顔の表情をキャプチャし、AR/VR環境をよりよくシミュレートするために設計されたプログラムです。

信頼できるアウトソーシングパートナーとして、TaskUsは積極的なアプローチをとり、プログラムのパフォーマンスを向上させるために細かい根本原因分析を実施しました。これにより、重要な機会を特定し、お客様のビジネス目標に全体的に対処するためのコスト効率の高いソリューションを提供することができました。

1. オンボーディングとトレーニング

以前のトレーニング方法は、チームメイトにとって複雑すぎたため、稼働率が低くなっていました。そこで、TaskUsはボットを導入し、リアルタイムのコーチングを支援し、監査が提出されるたびにアラートを送信することで、稼働率メトリクスを劇的に改善しました。

2. 効率性

TaskUsは、特にリアルタイムの稼働率の可視化不足に対応するためにボットを設計しました。ボットをプロセスに組み込むことで、作業者の効率を向上させ、他のハイレベルなタスクに集中できるようにしました。

3. アウトプットの品質

このお客様は、監査プロセスが長期化し、出力されるデータが不正確であるという問題を抱えていました。そこで、TaskUsは、チームメンバーがアウトプットの品質を改善し、監査能力を向上させることができるように、集中監査リポジトリを作成しました。

TaskUsのボット展開により、お客様はより細かい根本原因分析を行うことができました。また、ビデオアノテーションのベストプラクティスをまとめ、お客様の低い稼働率指標に対処しました。強力なパートナーシップとチームメンバーの高いエンゲージメントのおかげで、小さなプロセス改善で効率的に課題に対処し改善することができました。

成果

  • キャンペーンの作業者数は350人から450人に増加しました。
  • パフォーマンス結果は、目標値93%を上回る97%以上の正確度を実現

パンデミック規制により、オンライン・エンゲージメントが高まり、バーチャルリアリティ分野の技術的進歩も加わっています。新しいツールやプラットフォーム、バーチャルなソーシャルの可能性が発展するにつれ、ソーシャルメディア業界におけるAR/VRの拡大のチャンスは無限に広がっています。

競争に打ち勝つために、私たちとつながりましょう。ケーススタディ「ソーシャルメディア企業のためのビデオアノテーション」をダウンロードして、技術革新とデジタル変革における当社の成功の鍵について詳細をご覧ください。

ケーススタディの全文をダウンロードする

ダウンロード >

Pin It on Pinterest