グローバルテクノロジー企業のためのVRデータ収集

Published on 12月 2, 2022
Last Updated on 12月 2, 2022

バーチャルリアリティ(VR)アプリケーションの市場が拡大し続ける中、開発者は、すべてのユーザーに対してVR体験を提供するために、データ収集サービスへの依存を強めています。企業は、アウトソーシング・ベンダーを通じて、消費者の行動を理解するためにAI製品を学習するためのデータを大規模に収集することができます1。しかし、多くの複雑なモデルを含むVR技術では、何千人もの多様な参加者から偏りのない大量のデータを収集する必要があります。

VRデータセットは、バイアスを避け、対象人口を完全に表現していなければなりません。集計されたデータは不可欠であり、企業は収集する情報の精度を考慮する必要があります。また、その正確さを徹底的に評価・検証する必要があります。これらの条件がすべて満たされれば、このデータによって、企業は自社の業務や顧客をリアルタイムでよりよく理解することができるようになります2

課題

当社のクライアントはグローバルテクノロジー企業であり、ソーシャルネットワーキング業界及び消費者向け技術製品のパイオニアです。拡張現実(AR)およびVR製品の機械学習アルゴリズムを学習させるために、数千ものビジュアルデータサンプルを収集する必要があり、以下の目標をもっていました:

  • 多様性の確保
  • オペレーションの複雑さ
  • 品質管理

これらを実現するためには、「#RidiculouslyGood」な結果と高品質のデータを、期限内に、そしてクライアントの要件通りに提供できる経験豊富なパートナーが必要でした。

その答えは、TaskUsです

TaskUsの経験豊富なオペレーションチームとTaskVerseのフリーランサーが協力し、以下のソリューションを実行しました:

  1. クラウドソーシングによるデータ収集:データ収集プロジェクトに参加する多様な人材を迅速に募集しました。
  2. データ収集ツール:TaskVerseを用いて、数千人の参加者から高度なメタデータを収集しました。
  3. オンラインモデレーション:自社内のリモートモデレータを活用し、リアルタイムで参加者を支援しました。
  4. 対面でのデータ収集:TaskVerseのフリーランサーからのリモートデータ収集に加え、以下の手順で対面でのデータ収集も実施しました。
    1. 参加者のソーシング
    2. データ収集の計画
    3. 実行
    4. キャプチャQA
    5. 納品

品質を保証するために、QAチームはTaskVerseチームと徹底したトレーニングを行い、毎週クライアントと進捗を確認しリアルタイムで問題解決に取り組みました。

本データ収集ソリューションの詳細については、ケーススタディ「グローバルテクノロジー企業におけるVRデータ収集」をダウンロードしご確認ください。

ケーススタディをダウンロード

References

Nitika Bhatia Whig
AI Marketing Associate
Nitika Whig is a digital marketer and blogger with 10+years of experience and expertise in content strategy, community growth, crowd acquisition, and social media marketing. She has worked with leading internet companies like Bytedance (Tiktok) and Alibaba and is currently involved in marketing activities for AIS at TaskUs and growing our crowdsourcing platform TaskVerse. When she’s not busy writing, she loves showing off her love for fashion & shopping to her Insta ‘fam’
Related Expertise
Related Insights